アイフルの1秒診断について

ローンカードが発行される前までにキャンセルしましょう

 

カードローンの申し込みを行い仮審査が通った後で、申し込みをキャンセルする事になったら出来るだけ早くカードローン会社にその旨を伝えましょう。ローンカードが発行されていない場合であれば、キャンセルに応じて貰えるのが殆どです。

 

ですが、本審査までを終えローンカードの発行に入っている時はキャンセルが出来ない事もあるようです。と言うのも、カードローンの利用者の多くは申し込みから実際の融資までの速さを求めています。

 

なのでカードローン会社も顧客満足度を高めるために発行までのスピードを速める努力をしています。これらの事から、キャンセルを考えているのであれば少しでも早い段階での申し出が必要となってきます。

 

カードローンの申し込み前に一度ゆっくり考えてみるのも大事

 

カードローンに限らずクレジットカードにおいても、一度発行されてしまうと例え利用がなかったとしても、情報機関に個人情報が残る事になります。

 

さらに発行後すぐのキャンセルは、不審に思われる行動の一つでもありますので、次に別のカードローンを利用しようと思った時に審査に影響を及ぼしかねません。

 

このような事から、キャンセルはなるべく早く速やかに行う事が大切です。しかしもっとも重要なのは、カードローンを申し込む際に「それが本当に必要かどうか」をゆっくり考えてみる事です。

 

慌てて申し込みをした結果、情報機関に本来であれば載るはずのなかったデータが残ってしまう事は、本当にお金が必要となった時の足かせとなってしまいます。そのような状況を生み出さないためにも、カードローンの申し込みはよく考えてから行いましょう。