カードローンの仮審査ではどんな履歴がチェックされるのか?

過去の返済履歴だけではなく仮審査の申込履歴もチェックされる

 

カードローンを作るときには、仮審査を通過しなければいけません。そのさいに、それまでの自分のローン返済履歴が調べられるということをよく認識しておいてください。

 

これはつまり、以前にほかの金融機関で滞納や延滞などのようなトラブルがあったのかどうか、を確認されるということです。仮審査で引っかからずに通ったとしても、その後の本審査で人の目により念入りにチェックされることになります。自分がどのような履歴であるかは、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

また、ほかの金融機関からどれだけの金額を借りているのか、そして何社から借りているのか、といったも大きなポイントになります。もし返済残高の情報が求められたときには、正確に偽りのない数字を伝えるようにしてください。

 

この金額と年収などを照らしあわせ、返済能力がなさそうだと見なされれば、限度額が大幅に引き下げられたり、カードローン自体が作られないということにもなりえます。

 

仮審査とはいえ申し込みはよく考えてから

 

今ではネット上から仮審査を簡単に申し込むことができます。しかし、だからといって気軽に何件も申し込むようなことをしてはいけません。

 

カードローンの仮審査では、あまりに短期間に複数に仮審査を申し込むと、それだけですでにマイナスの履歴となって扱われてしまうのです。仮審査をむやみに受ければ受けるほど、そうした情報が残っていくことになるので注意しましょう。

 

とはいえ、このような履歴をどこまでチェックするのかは、カードローン会社によってもさまざまです。したがって、どのような履歴ならかならず審査を通過できる、といったことは確実にいえるわけではないのです。