カードローンの仮審査とはどんなものですか?

カードローンは困った時の急な出費に非常に便利な存在です。冠婚葬祭が多いときや、「今月はちょっとピンチ!」という時に信頼できるカードローンを1枚持っておくと安心です。

 

特に最近はネットでのカードローンの契約が一般化してきたこともあり、忙しい人にとってもカードローンは持ちやすい環境になってきました。わざわざ窓口まで出向かなくても仮審査を受けることができますので、待たされるということもないのです。

 

カードローンの種類

 

カードローンは大きく分けると2つの種類に分けられるでしょう。それは、消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンです。

 

これまでですと消費者金融系のカードローンのほうが審査が通りやすいといわれてきましたが、銀行系カードローンも作りやすくなってきたようです。しかしカード発行までのスピーディーさでいうならば消費者金融系のカードローンでしょう。

 

どちらのカードローンを選ぶにせよ、必要となってくるのは仮審査です。大抵の場合、仮審査を経て本審査へと移行してゆくスタイルと考えることが出来るでしょう。

 

仮審査といえども正確に情報は入力しましょう

 

仮審査は多くの場合ウェブサイトの申し込みフォームに沿って記入してゆく形です。年収や会社名、勤続年数や居住環境などの入力となります。

 

この情報と本審査で入力する情報が異なっていますと、虚偽の申し込みと判断されてカードの発行が難しくなる場合もあります。ですから仮審査といえども正確に入力するように注意しなければなりません。

 

勤続年数が極端に短い、あるいは一定の住まいが無いという状況はカード発行や借入限度額に影響することもあります。

 

この仮審査の結果は、早い場合ですと即日でることもありますし、1週間前後かかる場合もあります。ですから自分の状況を逆算して申し込むようにしましょう。