アイフルの借入に必要な書類について

アイフルの店頭窓口や自動契約機に出向く際には、本人確認書類と収入証明等の書類が必要になります。インターネットで申込から契約まで完了させる場合でも、別途必要な書類をFAXなどで送る必要があります。

 

アイフルではどういった書類が必要なのか説明していきましょう。

 

本人確認書類

 

アイフルは他社にくらべて本人確認書類の種類が多いのが特徴で、基本的な書類は次の3つです。

 

1.運転免許証
2.健康保険証
3.パスポート

 

これらの一般的な書類に加え、住民基本台帳(写真付)、公的証明書(写真付)、外国人登録証、在留カード、特別永住証明書などがあります。

 

現住所と書類上の住所が異なる場合は、現住所を確認できる、住民票、印鑑証明証、公的料金の領収証(携帯はのぞく)のうち1点が必要になります。

 

借入金額により収入証明が必要

 

アイフルからの借入が50万円を超える場合、あるいは他社からの借入と今回の借入を合算すると借入総額が100万円を超える場合には収入証明が必要になります。必要書類は下記5点のうち、いずれか1点の写し(コピー)です。

 

  1. 源泉徴収票
  2. 給与明細(直近2カ月分)
  3. 住民税決定通知書
  4. 確定申告書
  5. 所得証明書(各自治体が発行)

 

アイフルの他からの借入が1〜3件程度であれば、審査に通過すれば利用可能ですので、簡単に診断できる「アイフル1秒診断」を利用してみるといいでしょう。

 

必要書類のコピーは鮮明に!

 

必要書類のコピーを取る時に注意しなければならないのは、コピーが不鮮明で字がつぶれてしまって記載されている字が読めない、といった事態にならないようにすることです。住所や名前など大事な記載事項がはっきりと読み取れるように工夫してコピーを取るようにしましょう。