使いやすいアイフルのカードローン

仮審査と本審査の結果が同じになるとは限らない

 

カードローンには、「仮審査」と「本審査」の2種類の審査があります。まず、仮審査とは、その名の通り “仮”の審査。

 

仮審査にも合否はありますが、それはあくまでも入力した情報内容のみをもとに、コンピュータが大まかに出した仮の判断結果にすぎません。

 

カードローンが利用できるようになるために重要なのは、次の「本審査」に通ることです。この審査では、個人情報および提出書類などをもとに、申請者が融資対象として信頼できる人物かどうかが詳しく調べられます。

 

本審査では、確認はコンピュータではなく人によって行われ、申請者の本人確認なども実施されるのが特徴。このように、「仮審査」と「本審査」では、審査の方法・内容・意味が異なるのです。

 

そのため、仮審査がスムーズに通過できたとしても、その次の本審査で落とされることは珍しくないと言えます。

 

虚偽の報告は審査が通らない

 

なお、年収を割増したり、勤続年数をごまかしたりすれば、(たとえ仮審査では虚偽が見破られなかったとしても)確実に本審査では嘘が発覚し、審査に通ることは出来ません。他社でのカードローンの利用状況なども、一切ごまかしはできませんから、審査に通ろうと嘘の記述をすることには意味がないと覚えておいて下さい。

 

この通り、本審査では、しっかりとしたチェックが行われ、条件を満たしていなければ審査に通ることはできないのです。とはいえ、最近は以前に比べて審査が比較的通りやすくなっており、審査が厳しいとされる銀行系でも消費者金融カードローンと大きな差がないほどに審査が通りやすくなっていると言われるようになってきています。